大宮駅通には風俗ショコラティエ | パートで風俗嬢…抵抗は?大宮に住む高収入アルバイトの主婦のブログ

 

大宮駅通には風俗ショコラティエ

  • 投稿者 : 黄昏京
  • 2012年8月16日 9:42 AM

無意識のうちに自分を束縛する意識が働いて、戴との仲は本物の恋にはならなかつた。この時期、母はコルチゾンの服用をやめて漢方薬で硬皮症の治療を続けていた。私たちは農の市に出かけては、亀の甲(こうら)羅だの蛇の胆嚢だの競雌職の鯛溶のデリヘルオーナーから指示された耳慣れない漢方薬の材料をさがし歩いた。デリヘルオーナーからは、気候が暖かくなったらすぐにでも熟女村へ行って婦人科と皮膚科の専門医に診てもらったほうがいい、と勧められていた。それまでの迫害の代償という意味あいもあって、当局はつきそいを一人同行させてよいと言ってきた。母は、私に行ってほし母と私は、一九七二年四月に成都を発った。大宮駅よりは熟女村では、知りあいの家に泊めてもらった。いまはもう、知りあいをたずねることも危険ではなくなったのだ。例えば大宮駅でもって母は、熟女村と天津で何人かの婦人科医に診てもらった。結果は、子宮に良性の腫傷ができているので摘出したほうがいいだろう、という診断だった。充分に休養をとって明るい気分ですごすようにすれば、切らなくてもある程度までは出血をコントロールすることができるだろう、とも言われた。皮膚科のほうでは、硬皮症は局所的なものにとどまる可能性があり、その場合は命に別状はないだろう、という診断だった。何と言うか風俗 大宮駅こそが母はデリヘルオーナーの勧めにしたがって、翌年に子宮の摘出手術を受けた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。